前撮りの許可申請手順

結婚式の前撮り等で、(撮影等を業として行う)カメラマンを帯同しての撮影は、事前に申請書を提出いただき、国土交通省近畿地方整備局国営明石海峡公園事務所長から許可を受ける必要があります。
家族の記念写真、コスプレ撮影も含まれます。
前撮り(少人数でセット等を用いずに行うものに限る)等の許可申請手順は以下の通りです。
(※ 手続き開始から許可がおりるまでに1ヶ月程度必要です)

①企画(計画)案を作成

・○月○日(○曜日) ○時頃入園~○時頃退園(入園、退園とも開園時間内)
・○人で入園
構成( 例) 新郎新婦2名、カメラマン1人、アシスタント1名、補助1名 )
・撮影場所 … 例) ポプラの丘、花の丘道等で撮影します。
・撮影の目的 … 例) ブライダル前撮り写真の撮影。
・撮影内容(できるだけ詳細に)
例)新郎新婦のお二人をカメラマンとアシスタントの少人数で、他の公園来園者の方に迷惑のかからないよう、園内の花・緑とともに各所のテラスから望める空と海を背景に撮影する。

② 管理センター(運営企画課)に①の案をもとに希望日時で撮影ができるか確認。

・閉園日、開園時間外での撮影はできません。
・特別なイベントが開催されるなどで、公園全体あるいは一部の場所で撮影ができない場合があります。
・土日祝などで、多数の来園者が予想される場合は、(他のお客様に配慮し)撮影をご遠慮願う場合があります。

③②の撮影可能日で申請書案(下記a.~e.)を作成し、管理センターとメールあるいはFAXにより調整
a.許可申請書(自署もしくは押印) PDFダウンロード Wordダウンロード 記入例(PDF)
b.撮影条件書(申請者署名) PDFダウンロード
c.緊急連絡体制 PDFダウンロード Wordダウンロード 記入例(PDF)
d.撮影箇所 PDFダウンロード Wordダウンロード 記入例(PDF)
e.企画(計画)書 ①の内容を詳細に記載、A4サイズで様式自由
④ 管理センターとの(メール・FAXによる)調整が完了した後、申請書の原本を管理センターに送付

・ここで、提出された内容は、原則、変更することはできませんのでご注意ください。

⑤ 管理センターでの審査後、公園管理者の国営明石海峡公園事務所に提出いたします

・この時点から、最低3週間が必要です。
・提出時に希望日まで3週間に満たないことが予想される場合は、申請の受付をお断りすることがあります。

⑥ 審査完了後、申請者に対し国営明石海峡公園事務所より許可書が郵送されます