ブログとっておき情報

インターン実習生が見た「花と緑の風景」②
2022年08月23日(火)

*インターンシップ実習生の学生さんに、実習として公園のブログの記事を書いていただきました!

インターン実習生が見た「花と緑の風景」

~花だけじゃない!! 国営公園の夏の魅力~


【初めに】

皆さんこんにちは! 突然ですが皆さんは淡路島国営明石海峡公園をご存じでしょうか。本園は淡路島の北部にある花が魅力的な公園です。300種を超える桜や多くの草本性植物が敷地いっぱいに広がっており、老若男女問わず華やかな風景に心を打たれる人は後を絶ちません。

夏の花壇の様子

しかし、ほとんどの人は花や紅葉を目当てにするため春と秋に訪れ、花が少ない夏や冬には来園者数が少なくなりがちです。そこでここでは、夏の国営公園の魅力について述べるとともに、夏の風景だからこそわかりやすい公園の骨格を見ていきましょう!

【公園の形】

公園マップを見てください。そこにはたくさんの道が描いてありますね。その道はどのような形でしょうか。……そう、グネグネと曲がっていますね。これは日本庭園やイギリスの庭園((自然)風景式庭園)にみられる道の形と同じです。

花の丘道付近

これらの庭園の特徴は道を歩いていると、まるで絵画のような美しい景色が次々と現れてくることです。本園にも花壇はもちろん草地や樹木の緑、水辺地、空、生き物など美しいと感じる景色が数多く存在します。「風の丘付近の写真」はどうでしょう。道が曲がっているからこそ美しい……そう思うのは私だけでしょうか。

ここで皆さんの中にはふと疑問に思った人がいるでしょう。「あれ? 公園の中でこんな風景を見たことがあるぞ?」と。

風の丘付近

そう、上の写真のようなものです。この写真からも左右対称できれいな図形(奥の建物の屋根が三角、等)があることが確認できると思います。これはフランスの庭園(幾何学式庭園)の形式です。こちらもきれいで美しい形式ですね。
〈追記〉とある推理映画で左右対称がイギリスの形式かのように言われていましたが、実際にはイギリスではなくフランスの庭園形式です……

≪公園の形クイズ≫

・問1

次の写真は風景式と幾何学式、どっち?

・答え

どちらも風景式(ぜひ写真の場所を探してみてください!)

【風景を魅せる技術】

これから皆さんが写真を撮る時にも使える風景を魅せる技術をお教えします! 次の写真を見てください。

月のテラスからの景色

ここでは大きく3つの要素があります。

・ヴィスタ
・ボスケ
・アイストップ

まずはヴィスタから説明しましょう。ヴィスタとは長方形軸のことです。写真を見たときに左右の樹木によって奥行きがより鮮明に感じられたと思います。これがヴィスタの力です。そのヴィスタを作っているのが左右のボスケです。ボスケは木立のことで、ボスケがあることで私たちの目線は自然と写真中央に向いたと思います。マンガの放射線のようなものですね。アイストップは私たちが注目する先にある物です。写真ではヴィスタの奥にある池やその上の構造物が当てはまります。

続いて次の写真を見てください。

花の島付近

この写真は遠景・中景・近景を意識しています。
それぞれは漢字の通り、遠くの景色・中ぐらい離れた景色・近くの景色の事です。写真では近景に花、中景に木造の橋、遠景に公園の外の大きなコンクリートの橋があります。この三つがそろうと近くから遠くまで写真全体が楽しめますね(なお、遠景で公園の敷地外の景気を用いることを借景といいます)。

≪風景を魅せる技術クイズ≫

・問2

ヴィスタ・ボスケ・アイストップ、遠景・中景・近景はどれかな?

・答え

ヴィスタ……道路 ボスケ……桜並木 アイストップ……中央の桜
遠景……後ろの山 中景……桜並木 近景……なし


2022年8月23日(火)
国営明石海峡公園事務所 インターンシップ実習生 M

チューリップの開花状況(2022.4.19時点)※今年最後の更新です
2022年04月19日(火)

(写真撮影日:4月19日 天気:晴れ)

場所:ポプラの丘・大地の虹(北)・大地の虹(南)・花の丘道チューリップは終了しました

●19日時点で残っているチューリップ

場所:1枚目:ポプラの丘・2枚目:大地の虹(南)・3~4枚目:花の丘道
遅咲きのチューリップの一部を残し、終了しました。
19日時点では、見頃のネモフィラ等の合間にわずかなチューリップがご覧いただけますが、数日中には全て終了となる予想です。

◆チューリップの後に咲くお花について

●ポプラの丘 ネモフィラ&ローダンセが見頃! ヤグルマギクなどが咲き始め

場所:1~2枚目:ネモフィラ(見頃)・3枚目:ローダンセ(見頃)・4枚目:ヤグルマギク(咲き始め)
5枚目:ダイアンサス(咲き始め)・4枚目:アグロステンマ(育成中)



●大地の虹(南) ビオラが見頃!

場所:1~2枚目:ビオラ(見頃)

●大地の虹(北)はゴデチアを育成中です(開花は5月中旬頃から)

場所:1枚目:ゴデチア(育成中)・2枚目:ネモフィラ(花の中海周り・見頃)

※チューリップ以外のお花については、見ごろの花情報 (←ここをクリック)をご覧ください。
※「チューリップの開花状況」の更新は、今年は今回で最後となります。

チューリップの開花状況(2022.4.15時点)
2022年04月15日(金)

(写真撮影日:4月15日 天気:曇り時々小雨)

場所:ポプラの丘上段は「ほぼ終了」・下段は「ピーク過ぎ」大地の虹(北)「ほぼ終了」大地の虹(南)「ピーク過ぎ」花の丘道半円形花壇は「見ごろ~ピーク過ぎ」それ以外は「ほぼ終了」

もう少し保ってくれるかと思っていたのですが、15日今朝の雨で一気に散りました。
ポプラの丘では、足元に咲いていたネモフィラが見やすくなったという副効用が…。
大地の虹(南)のチューリップは、ビオラなどの他の花と一緒にまだ見られる状態を保っています。

リビングストンデージー、ラナンキュラスなどの他の花がきれいに咲いていますので、チューリップは少なめになりましたが、今いらしても十分楽しめると思います!
チューリップ以外のお花については、見ごろの花情報 (←ここをクリック)をご覧ください。

●ポプラの丘の様子
上段はほぼ終了
し、ローダンセやアネモネが咲いていたり(撮影時点で小雨が降っており、ローダンセが閉じた状態の写真です…晴れた日はきれい!)、ヤグルマギクやアグロステンマが開花の準備をしています。

下段はまだ一部のチューリップが残っていますが、ネモフィラにどんどん置き換わり中。

●大地の虹(北)の様子
ほぼ終了です。次のゴデチアがぐんぐん育っています。

●大地の虹(南)の様子
ピーク過ぎですが、他の場所に比べて見られる状態の花が残っています!

●花の丘道の様子
半円形花壇は見ごろです。雨が降っても散らずに持ちこたえました!一方、それ以外の場所はほぼ終了。一気に散りました…。

※チューリップ以外のお花については、見ごろの花情報 (←ここをクリック)をご覧ください。

チューリップの開花状況(2022.4.12時点)
2022年04月12日(火)

(写真撮影日:4月8日 天気:晴れ)

場所:ポプラの丘大地の虹(北)・花の丘道見ごろのピーク過ぎ~一部咲き終わり
   大地の虹(南) ⇒見ごろ

見ごろのピークは過ぎ、一部エリアのチューリップが散り始めました。
今週末には5~6分残っているくらいでしょうか(あくまで予想です)。

●ポプラの丘の様子
下段は今が見ごろのピークです。八重咲きやユリ咲き、花びらがギザギザのチューリップなどおすすめ
 
 
中段~上段は一部散り始め~終了しています(↓写真の上部あたり)。

●大地の虹(北)の様子
先に見ごろになっていた子供の森側半分のエリアのチューリップが散り始めました。

●大地の虹(南)の様子


 

●花の丘道の様子

※チューリップ以外のお花については、見ごろの花情報 (←ここをクリック)をご覧ください。

チューリップの動画ができました!
2022年04月08日(金)
2022年4月5日にドローンで撮影したチューリップの動画ができました。
動画はコチラ
  • 園内マップ
  • ブログ
  • 海峡フレンズ
  • プレスリリース
ページトップ